更年期だって元気に美しく!

夫と小学生の息子と暮らす40代の専業主婦です。 42歳から始まった更年期症状。 動悸、めまい、肩凝り、頭痛・・・そして機能性ディスペプシアの発症。 毎日辛いけど、体に良いと思うものを取り入れながら、いつか抜け出せる時を待ちわびています。

書籍『ずぼらヨガ』で始める、本当にずぼらでもできるヨガ

今日は体調不良に悩む方にぜひオススメしたい本をご紹介します。

崎田ミナさんの「ずぼらヨガ」です。

タイトルからして良さそうな感じ(笑)

 

 

今までの記事でも何度かヨガを日課にしている事を書いてきましたが、一番最初にヨガというものに触れたのがこちらの本でした。

 

当時はまだ体調が悪くなり始めたばかりで、自分が更年期だなんて夢にも思わず、でも何となく自律神経が乱れている事は分かっていました。

自律神経を整えるにはどうしたら良いの?と毎日模索していく中で、ヨガが良い!という情報をキャッチしました。

 

ヨガというと・・・

ヨガマットを敷いて~それなりのウェアを着て~体が固い私には到底無理なポーズをして~・・・(--;)

考えただけで、私には無理だ、続かないと思いました。

 

でも・・・「ずぼらヨガ」・・・ずぼらで良いの?

ずぼらで良いなら私にもできるかも(^^)

 

購入する前にレビューをたくさん読みましたが、とても好評価で「買って良かった!」という感想が多かったです。

日に日に悪くなる体調を何とかしたかったし体をもっと動かさなければと思っていたので、三日坊主覚悟で購入してみました。

 

本の中身は親しみやすいイラストが満載で、ただポーズが書かれているだけではなく、著者ご自身の体験談や、自律神経などについて詳しく書かれています

著者の崎田ミナさんは、自律神経失調症や鬱病で悩まれていたそうです

 

f:id:miyarock:20191030142641j:plain

f:id:miyarock:20191030142653j:plain



         崎田ミナさん いまトピより

 

「ずぼらヨガ」のおすすめポイント

 

  • 親しみやすいイラストで読みやすい
  • 著者の体験談など、コミカルに描かれていて面白い
  • ポーズが簡単
  • いつでもどこでもマットがなくてもできる
  • 自律神経の働きについて分かりやすく書かれている
  • どのポーズが体のどこに効くのか図解で分かりやすく説明している
  • 完璧なポーズをしなくても良い
  • 朝昼晩のヨガメニューが載っている

 

ヨガを始めたいけどいきなりスタジオに行くのはちょっと・・・

体固いから無理無理・・・

ヨガマットとか揃えるの面倒だな・・・

 

そんな風にためらっている方にはぜひ手に取って欲しい1冊です(^^)

体が固くても大丈夫です!

私もビックリするくらい固いですが、無理のないメニューになっているし、完璧にできなくても大丈夫だと書かれています。

本当にずぼらで良いんです(笑)

だから三日坊主になることはないし、楽しく続ける事ができるんです。

 

私は、ずぼらヨガを始めて1ヶ月くらいで呼吸が楽になったのを感じました。

そして、精神的な落ち着きと、パニックのような発作が出なくなったのが何よりも嬉しかったですね。

 

こちらの本はヨガの入門編としては最適だと思います。

ヨガの魅力にはまり、今はヨガマットを購入しもう少し難しいポーズを行っていますが、たまに息苦しくなるような感覚に襲われたときは、この本に載っている「呼吸を楽にするポーズ」で乗り切っています。

本当にいつでもどこでもできるのでありがたいです。

 

「ずぼらヨガ」、ぜひオススメします(^^)

 

 

第2弾「も~っとずぼらヨガ」も発売されています!

こちらは本を開いた時に、ページが閉じない工夫がされています

 


 
 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村